title0721

IoTプログラミング速習会レポート

エスキュービズム主催のIoTハッカソンが「次世代の笑いのカタチを開発せよ!お笑い×IoTハッカソン」と題し2016年8月6日~7日に渡って行われます。
そのプレイベントとして「IoTプログラミング速習会」が開催されました。今回のプログラミング速習会は、マイコンボードの扱い、IoT機器のプログラムに触れて慣れていただく目的で開催しました。
大学・大学院生や専門学校生、企業からも30歳以下のプログラマーさんが参加してくださいました。

Panoramic
蒸し暑い中、新宿に集まった若きプログラマー、エンジニアの皆さん。

まずはエスキュービズムの企業説明から始まり、IoT業界の現状説明や、これからIoT業界を担っていくプログラマー、エンジニアの方に向けたメッセージが伝えられました。

1:マイコンボード「Arduino」を使い、メールを送る

arduino
今回使用するマイコンボードは「Arduino(アルデュイーノ)」。ArduinoはLinuxOS、WiFiやUSBポートも搭載された小さなコンピュータです。WEB用のプログラミング言語でコーディングできるため、扱いやすいというメリットがあります。応用力が高く、様々な機器とつながりやすいというメリットもあります。
Arduinoの機器構成の説明とセットアップを行ったあと、ArduinoとIFTTTを連携させ、メールを送るという簡単なデモ体験で午前中を終えました。

Programmer

お昼休憩では参加者同士で情報交換などをし、交流を図っていたようです。こうした横のつながりを生む機会でもあるハッカソンはとてもいいイベントですね!

また、ウェアラブルグラス「MOVERIO」のデモ機を展示したところ、体験している参加者も多数いらっしゃいました。ウェアラブルグラスはトレンドとして話題には上りますが、触ったことのある人はあまりいないようで、どんな風に「映る」のか、確認してる方が多かったです。もしかしたらIoTハッカソンでウェアラブルグラスを使ったアイデアが生まれるかもしれません。

moverio2

2:センサーと接続する

センサーの働きの説明から午後の部がスタート。今回デモで使うセンサーは照度センサーです。回路図を見ながらArduinoにセンサーと抵抗を繋いでいきます。工作っぽい感じがまさにIoT!普段はプログラミングだけをしている人が多いなか、こういった作業は新鮮だったのではないでしょうか。

arduino2
照度センサーを接続し、コードを書いてPCに指令を送ります。閾値を設定し、センサーで感知した値が上回ったり下回ったりするとトリガーが発動するようにセッティング。「あ、できた!」という声も聞こえました。

Programmer4
基本プログラムを実装した後、センサーの値を制御する応用プログラムを書いたりと、それぞれのスキルを大いに発揮。TECH SALONスタッフが「ここが一番難しいところで、これをクリアしたらなんでもできますよ」と言った部分を軽くクリアする方もいらっしゃいました。
また、課題を早めにクリアした方が、他の参加者に教えるシーンも見られました。

今回はニフティ様にご協力いただいて、NIFTYクラウドを使用します。ニフティのエンジニアの方からは、デバイスハブを使ったデモを紹介いただきました。この後のオリジナル製作やハッカソンに向けてのアイデアの作り方を伝授してもらい、いったん休憩!

Programmer2

3:オリジナルIoT製作をする

いよいよオリジナル開発です。デモでは照度センサーを使いましたが、加速度センサーや超音波センサー、ウェアラブルグラス「MOVERIO」を使っての開発もOKということで、参加者の皆さんは何ができるかを考えながらオリジナル開発を行っていました。
時間は短いながらも、「部室のドアが開いているか閉まっているか確認する」「植物が育ったら光を遮られたことを検知し、植物の成長具合を遠隔監視する」など、オリジナリティのある製品が生まれました!

Programmer3

オリジナル開発の途中で、先ほど紹介のあったニフティクラウドのデバイスハブを使ったハンズオンが番外編として別室で開催。希望者はニフティのエンジニアさんから直接レクチャーを受けながら、ラズパイとスマホの相互制御に挑戦していました。

handson

速習会を終えて

8/6~7に開催されるIoTハッカソンでは、今回のプログラミング実習を踏まえた楽しいアイデアが生まれると期待しています!
参加者はまだまだ募集中ですので、ぜひふるってご参加ください。

次世代の笑いのカタチを開発せよ!「お笑い×IoTハッカソン」参加申込みはこちらから!

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/