INTEL-The-Internet-of-Things-starts-with-intelligence-inside_0

モノのインターネット(Internet of Things)とは何か?APIとの関係は?

「モノのインターネット」とは以下の問いに対する答えです。

(引用元:Mashery『What is the “Internet of Things” and how does it relate to APIs?』

「コンピュータやセンサーが小さくて、安価で、大量に普及し、省電力で、リアルタイムなコミュニケーションできるようになったらどうなるか?」
近年の著しい技術進歩により、現代社会は大規模に普及したコンピュータやセンサーが経済活動を加速させる段階に入っています。つまり、この問いへの答えを見いだし始めているのです。
なぜ今のでしょうか?モノのインターネットを今日実現させつつある様々なトレンドを紹介します。

・安価で省電力なコンピュータ、センサーの爆発的普及

・ANT+、Bluetooth LE、Z-Wave、EnOcean、6LoWPANやZigBee、RFIDやNFCといった新たな省電力のワイアレス・プロトコルを使用した通信機能

・相互にデータを共有するメッシュネットワーク構築機能

・小型化によるウェアラブル化

・これらのコンピュータやセンサーを店内にくまなく配置する小売業者、車に配備する自動車メーカー、食器洗浄機、ドアロック、ガレージドア、照明に装備する家電メーカー

・これらの機器をモバイルで操作、通信する機能

・GPSやRFIDによってユーザーを把握し、集まったデータを集約する能力

・無数のセンサーから送られる大量のリアルタイムデータを把握、整理する必要性

・エッジ・コンピューティング(ユーザーの近くに置かれた多数のサーバー群などに処理を分散させる手法)の急成長

こうして実現しつつあるモノのインターネットですが、APIとの関係はどうでしょうか?
これらのセンサーやコンピュータ(これらをつなぐサービスも含めて)を作成する企業は、ある時点でデータを第三者のデベロッパーに開示すると思われます。iPhoneでは当初非公開でしたがAPIを使用してアプリを開発できるようにしました。
同様にFacebookもソーシャルデータを利用できるようにデータを公開しました。同じような流れがモノのインターネットでも起きると思われます。

この記事はWhat is the “Internet of Things” and how does it relate to APIs?をUsable IoT blogが日本向けに編集したものです。

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/