cerevo2

グローバルニッチで勝つ!Cerevo製品紹介:後編

8月、FRESH! by Abema TVにて生中継されたエスキュービズム・テクノロジー主催IoTハッカソン。
生放送中に紹介されたIoTプロダクトをシリーズで紹介していきます。
第三弾は、株式会社Cerevo(以下Cerevo)のIoT家電、後編です!


④改造ミニ四駆製作キット「MKZ4」

ミニ四駆をIoTプロダクトに改造できる

MKZ4」は、ワイルドミニ四駆(株式会社タミヤ製)をスマートフォンから操縦できるようにするための改造キットです。
操縦は専用アプリをダウンロードすることなく、スマートフォンやタブレットからブラウザ経由で行うことができます。
操縦は前後への進行に加えて、左右へのステアリングも可能です。

難易度も高いがその分大きい「作る」楽しさ

「MKZ4」、基板実装に必要な各パーツが一式セットになっており、無線LANモジュールや、ミニ四駆操作用の専用基板とステアリングパーツなどがキットに含まれています。
改造の過程で、はんだごてなどの電子工作を超えて、踏み込んだハードウェア作りまで経験できます。
改造としてはかなり難易度が高いものになっておりますが、自分で改造をしてモノを作るという楽しさも非常に大きい製品です。

https://vine.co/v/5zi5EY6Bmdw

>>オンラインショップ


⑤cloudiss

スマートフォンと連携したアラーム装置

cloudiss」はスマートフォンのアプリから操作できるスマート・アラーム装置です。スマートフォンとのペアリングはBluetoothで行います。
手動で日時を設定してアラームが鳴る従来の目覚まし時計と同じような使い方に加えて、Google カレンダーと連携させて、その日の一番早い予定に合わせて自動的にアラームが鳴るように設定することも可能です。

何度もシェイクしないと消えない大音量

「cludiss」はその小さな機体からは想像できないような大きな音がなります。その音の大きさはiPhone 6 最大アラーム音量の3倍(Cerevo調べ)です。
音は何度も激しく縦にシェイクしないと消えない仕組みになっており、目覚ましを消してから寝過ごすといった事態を防ぎます。
専用アプリは音声読み上げ機能も搭載しており、アラームを止めた際にアプリが予定を音声で読み上げるように設定することが可能です。
また、音量を抑えることで目覚まし以外の用途にも使用することができます。

電子機器であることを意識させないデザイン

時刻表示機能は廃してアラームに特化しており、電源ボタン以外のボタン類・表示部を全て廃したシンプルな本体デザインです。
キャップは天然ウォールナット材が使用されており、ボディはアルミ製です。本体ストラップには本革が使用されています。
シンプルながらも重厚な質感です。
また、上部をボトルのようにひねると、操作部がせり出す設計になっており、Micro USB端子や電源ボタンなどは普段隠れるようになっています。

仕様

本体サイズ  幅36.5×高さ91.5mm(ストラップ含まず)
重量     51g
Bluetooth  4.0(BLE)
対応アプリ    iOS 8.3以上
バッテリー容量 250mAh
充電端子     Micro USB
充電時間     約2時間30分
駆動時間     21日間(毎日2分間アラームを作動させた場合)
同梱品     充電用Micro USBケーブル、スペーサー、クイックスタートガイド、保証書



非常に個性的で、しかもデザインのいいIoT家電、スマートトイばかりですね。
アラームやおもちゃなら、身近で手軽に楽しむことができます。ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。


IoTとは

今更聞けないIoTとは!? モノのインターネット徹底解説!
building_ment

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
企業の価値向上につながる実践的なデジタルマーケティング情報を配信 デジmag.
お願いごとを通知するブロック型デバイス「デジベル」
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/