x-tech_title

エンジニアが語るIoT×人工知能開発の最前線

12月1日に「X TECH TechLIVE vol.7 人工知能開発に関わる現役エンジニアが語る IoT×人工知能開発の最前線」が開催されました。
その中で、世界初の全自動衣類折りたたみ機「ランドロイド」を生み出したセブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズと、ECサイト、POSアプリ、家電など、ソフトとハード両面で事業展開を行うエスキュービズムの開発者による対談が行われました。
対談の模様を一部を抜粋してお伝えします。

all


登壇者

セブンドリーマーズ株式会社 robotics事業部 五島暢之氏
セブンドリーマーズ株式会社 社長室長 佐藤誠氏
株式会社エスキュービズム 細田謙二氏
司会:スローガン株式会社 木村圭佑氏


どのような事業を行っているか、IoTの活用について

五島 ランドロイドという製品を作っています。乾燥した衣類を機械の中に入れていただくと、中で衣類をつかみあげて、衣類の種類を判断し、その衣類に合わせたたたみ方で畳む、という製品です。IoTの活用は検討中で、ランドロイドから得られる情報は衣類の情報ですが、ユーザーの方に「これは誰々の衣類だ」という情報を入力してもらうことで、情報を増やしていく、ということを考えています。
では、得られた情報をどう生かしていくか。今、IoTで皆さんもそこを悩まれているところだと思いますが、人が持っている課題をIoTで解決する方法を見つけていこうと思っています。」

goto

細田 「今やっているのは、駐車場予約システムeCoPAです。空きスペースをアプリから予約して、事前に押さえておくことができます。予約したスペースに、実際に駐車されたかどうかを判定するために、ナンバープレート認識を開発しています。
また、今後やりたいのは「ダイナミックプライシング」。混んでいる時は価格設定を高く、空いている時は低くするなど、状況に応じて価格が設定されるシステムです。きちんと混雑状況が予測できれば、よりよいプライシングができます。その辺りを研究しています」

hosoda


IoTエンジニアになりたい人が得ておくべき知識とは?

細田 「電源が確保できていれば、ラズパイを通して通信ができるのでRUBYなどでプログラムを書いてしまえば簡単です。省電力で動かさなければいけない場合は、C++でコンパイルした基盤をそのまま載せて、ハンダ付けするなど、場合によりけりで、必要に応じてハードウェアの知識も必要になってきます」
五島 「データありきでやるのか、それとも人が困っていることを解決するためにデータを蓄積して活用するのか。入口がどっちかによって、必要な技術が変わってくるのではないでしょうか」


世界初のランドロイド開発秘話

五島 「ゼロから作り始めているので、文献を調べたり、技術を持っている方に講習をしていただいて、チームを編成していくというやり方を取っています。こういうものがあったらいいよね、というニーズを受けて、開発を始める感じです」
細田「うちと似ていますね。プロトタイプを作って、企業さんに提案して、インサイトを見出してサービス化していくという進め方です」
佐藤「今回先行予約を実施しているランドロイドゼロはtechieな方をターゲットとしたプロトタイプです。ランドロイド開発に一緒に参画しませんか、なので、参加いただくために実機としてのプロトタイプをお渡ししますという意図があります。
社長の「洗濯物を折りたたむ機械を作りたい」という発想のもと2005年に開発がスタートし、10年後にお披露目したのですが、その時の社長の顔は忘れられません。10年の間に、リーマンショックがあったり、メンバーがやめたりいろいろありましがたが、トップの「絶対にやる、開発はとめない」という強い意気込みで進んできました」

- ランドロイドという名前はどなたがつけられましたか?
佐藤「ブランディングについては全く知見がなかったので、よくご存知な方々とご一緒したいということで、ご縁あってライゾマティクスさんと進めることがきまり、ディスカッションを繰り返していくうちに出てきた名前です。ランドリーとアンドロイドをかけた造語です。」

sato_goto2


エンジニアのバックボーン

木村 - エンジニアとしてのキャリアについてお話いただけますか?
細田「私はもともと脳科学、AIを研究していて、新卒で入って、WEB開発、ECサイト、CMS、店舗運営のアプリ、タブレットPOSなどを開発し、今はIoTの開発をしています。入社当時はWEBが新しかったことと、研究はタイムスパンが長いなと感じていて、WEBのスピードの方が自分に合っているなと」

五島「私はメーカーにいて、新卒で23年くらい、民生用のレコーダーをずっと開発していました。入社した時はVHSが主流で、その後にDVDレコーダー、HDDレコーダー、ブルーレイレコーダーと一通りやってきました。退職後、派遣会社で受託開発をやっていました。また、ものづくりをしたいなと思っていたところに声をかけていただいたのです。」

木村 - お二人ともコードをゴリゴリ書いてらっしゃるんですか?
細田「はい、私はそうですね」
五島「今、私は書いていないです。もともと組み込み系のエンジニアだったのですが、マネージャーとしてランドロイドの組み込みソフトとスマホアプリ、IoTのサーバーのソフト開発をひとまとめに見ています」


AIやIoTなどの技術革新をウォッチする

木村 - 新しい技術の習得方法はどうされていますか。
細田「常に技術動向はウォッチして、GitHUBのトレンドをチェックしたり、techieなニュースを見て面白いなと思う技術を掘り下げたり。最近だとディープラーニングのオープンソースを試してみました。特に機械学習の分野は、習うより慣れろだと思っています。
また、社内ではアーキテクチャとしてマイクロサービスを主軸に置くということを今やろうとしています。モジュール化してAPIで連携するやり方です」

kimura_hosoda2

五島「私は逆に追わないタイプで、必要があれば取り入れます。だから目的ありきなんですね。CもRUBYもあくまで手段であって、何かをするために必要であればやろうかなというところです。AIやIoTのインフラについてはセブンドリーマーズに入社してから触れた分野です」


IoTの価値

五島「今後の展望でいいますと、今のランドロイドを福祉向けにすること、洗濯、乾燥もついたオールインワン、2020年にビルトインタイプを作りたいです。家族別に分けてくれて、家族の部屋に運んでくれるという、そこまで考えています。それと並行して低価格版を進めます。業務用ではコインランドリーでの活用も考えられます。洗濯物を預けておくと、人が畳んでくれるサービスがあるのですが、それを機械が代替できればいいですね」
― ランドロイドの価値というのは、「洗濯物を折りたたむ」というめんどくささ、家事のしんどさを開放することなのでしょうか。
五島「価値の一つですね。ランドロイドに注目してもらうための入り口はそこです。それだけだと受け入れられないので、そこにどのような不可価値をつけていくか、大きくいうと人の生活を変えたいです。折りたたむというのは第一ステップです」

細田「エスキュービズムではnoodoeという飲食店向けの製品を販売しています。IoTのひとつの価値というのは人件費の削減というところ、そこに人が介在しなくてよくなったからこそ他のサービスに注力できるところなのかなと、エスキュービズムでは考えています」


エスキュービズムが考える「IoT」

“モノを買う時代”から、“サービスを利用する時代”へ

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/