shutterstock_87559483

個人情報提供が必要でもIoT家電は使う?

4人に1人(25%)が、個人情報の提供が必要ならIoT家電は使わない。
とうことは、残りの3人(75%)が、個人情報の提供に前向きな回答?

2017年2月15日、ジャストシステムがネットリサーチサービス「Fastask」を利用して実施した
「“IoT家電”に関する実態調査」の結果を発表しました。

調査期間は2月10~13日で、調査対象は全国の20~69歳の男女2204人。

彼らにIoT家電における個人情報の取り扱いについて聞いたところ、
「個人情報を提供する必要があるIoT家電は無条件で使いたくない」と回答した人が25.4%だったそうです。
残りは、個人情報の種類次第が50.9%、それほど気にならないが13.1%、気にならないが4.7%、よくわからないが5.9%でした。

つまり、個人情報に対して68.7%(よくわからないを除く)の人が前向きな回答をしたことになります。

このほかにも、外出先からスマートフォンでのエアコン操作は、4割以上が必要と答えたが、
洗濯機の消費電力をスマートフォンで確認できる機能は7割が不要と回答したそうです。

この回答は興味深く、ユーザー(マーケティング)視点のIoT対応製品の開発をしないと
支持されにくい(売れない?)ことを示唆しているように感じました。

事前に操作して、冷房や暖房が効いた部屋に帰るのは幸せですが、
外出先で洗濯機の消費電力が把握できてもね。。。

参考 株式会社ジャストシステム調べ
https://marketing-rc.com/report/report-iot-20170215.html

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/