shutterstock_535550908

IoTとロボットの共通点は、何でしょう??

結論から言うと、ロボットとIoTの共通点は、どちらも「人に代わって何かをしてくれる」というメリットがあることです。

その共通点があるため、ロボットとIoTの2つを組み合わせることでより便利なものを生み出すこともできます。
具体的な例を、Cerevoの製品である「Tipron」を例にとって説明します。

「Tipron」の製品カテゴリは「プロジェクター」なのですが、スマートフォンから操作できる、YouTubeやウェブニュースなどの情報を表示できるというIoT要素に加え、ルンバのように家の中を自動で動き、本体が変形して壁や天井に映像を投影できるというロボット要素を備えた製品です。

製品開発コンセプトは「家の中のあらゆる場所をディスプレイにしたい」という発想から生まれましたそうです。
Tipronは室内を自動で移動する機能に加え、プロジェクター部が左右180度、上部に90度変形することで、キッチンでレシピ動画を見たり、ベッドに入りながら天井で映画を鑑賞したりと、好きな場所で映像を楽しむことができます。

バッテリーで駆動するモバイルプロジェクターを使えば、家の中の好きなところで映像を楽しむことはできますが、毎回異なる場所でプロジェクターを設置するのは手間がかかります。。。
設置についても表示したい場所に合わせて台を調整したり、天井に向けてプロジェクターを固定したり、面倒がかかります。
そういった、人間にとって煩わしいことを代わりに担ってくれる、つまり「人に変わって何かをしてくれる」ということがIoTとロボットの共通点です。

参照元:INTERNET Watchの人気連載企画「俺たちのIoT」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/oreiot/1049172.html

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/