eyecatch1221

海外Parking最前線~ドイツで開始された駐車場のIoT化実験~

公共交通機関乗り換え直結型無料駐車場がクリック一つで検索可能に ~ドイツ・シュツットガルトで試験プロジェクト開始~


今回ご紹介するプロジェクトは、一般ドライバーに電車などの公共交通機関に直接乗り換えが可能である駐車場の空き情報をリアルタイムに伝えることで、都市部への車の乗り入れを制限しようという試みです。ドイツ・シュツットガルトの地方団体とRobert Bosch GmbH社のコラボで実施されているこの新しい試みが、一体どのようなものであるのかを詳しく見ていきましょう。

基本的には、S2号、S3号線沿線に15か所存在する駅直結型駐車場にセンサーが設置されており、1分単位で最新の空き状況がVVS Transit and Tariff Association Stuttgartのアプリやサイト上で更新されるという形です。また各駐車施設には無料インターネット接続や電源なども利用できるサービスが取り揃えられています。

政府組織Verband Region Stuttgartの出資によってサポートされているこのプロジェクトには、シュツットガルト市全体をよりエコ化させるべくこれまでにシュツットガルト北東部の大多数の自治体が参入をしています。

前述のVerband Region Stuttgartの地域主任の二コラ・シェリング氏は「最新テクノロジーを採用したこのプロジェクトは地域サービス向上を実現する」とし、今回の試験プロジェクトは市民が自家用車の利用を控えて公共交通期間を利用することに積極的な姿勢を持ってもらうために、大変重要な役割を果たすことになると期待しています。

また、従来は出入庫の際にゲートが開く回数をカウントして残りの駐車スペース数を把握していましたが、地域事業活動開発課主任のジャーゲン・ウームサラー氏が「(今回の試験プロジェクトは)駐車場施設のスタイルを根底から刷新させる大きな変化である」と話すように、新しい駐車場にはゲートは存在せず、出入り口も複数存在するなど大きな違いが見られます。

加えて、センサーの採用によって駐車場をIoT化させることで常に最新の空き情報を配信することに成功しており、ドライバーが素早く空いている駐車場に向かう事で不要な渋滞も未然に防ぐことができるという効果も得られます。

traffic_jam

この試験プロジェクトは2016年の早い段階で実施開始が予定されており、Boschのセンサーは2018年6月まで引き続き各駐車場に搭載されていきます。このプロジェクトで調査される要因は「実際に無料駐車場の情報をドライバーに提供することで、果たしてバスや電車の利用につなげることができるかどうか」という点に尽きますが、シュツットガルトだけでも公共交通機関への乗り換え直結型駐車場の数は100箇所(700台収容)存在しており、その結果に注目が集まります。

※この記事はFree park and ride spaces are just a click awayをeCoPA Blogが日本向けに編集したものです。

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/