title0704

ところでシェアリングサービスって儲かるの?

title0704

日本では、移動関係の新規参入は難しい

新規参入の激しいシェアリングエコノミー。海外勢のUber(ライドシェア)やAirbnb(ホームシェア)などは有名ですね。日本でも、営業日数の制限つきで「民泊」の規制緩和を求めた法案が提出されるなど、よく話題になっています。
日本企業のシェアリングエコノミーサービスは増えてきています。カーシェアや相乗りサービスなどもいくつかありますが、CtoCのサービスは道路運送法上はグレーゾーン。日本では、移動関係の規制が強いため、新規参入は難しいのが現状なのです。
よって、今のところシェアリングサービスといえば、家事代行や育児代行、モノのシェアリングサービスが多いようです。中でもよくニュースに取り上げられるのは「駐車場」のシェアリングサービスです。

駐車場のシェアリングサービス

個人間で簡単に、スマホやPCを使って、駐車場の貸し借りができるサービスです。
オンラインコインパーキングであり、借りる方は格安の駐車場として、貸す方は空いているスペースを駐車場として、上手に有効活用できるのが魅力です。

akippa(あきっぱ)

akippaは、「空いてるパーキングにパッと止められる」ところから名付けられた日本版駐車場シェアリングサービスの先駆けです。
まだ東京や埼玉スタジアム、札幌ドーム、日本ガイシホールなどの大都市部での利用がほとんどですが、akippaはスタートアップサービスの登竜門、Infinity Ventures Summit Fall のLaunchpadコンテストで優勝実績があり、今後も発展が見込まれています。

通常のコインパーキングとは違い、事前決済をしているので出し入れは自由です。
混雑する日でも、人気のスポットの周辺でも、空いている場所を確実に押さえて、駐車場として利用することができます。
お出かけ前に駐車場を確保することができるので、お出かけの際の負担が減ります。時間も節約でき、金銭的な負担も下がります。領収書の発行も可能です。
空いているスペースを貸すこともでき、使わなくなった駐車場や、空き地になっている場所をakippaを利用して、お小遣いに変えることができます。

また、他社では1日単位での貸し出しが多い中、一部駐車場では15分単位での貸し出しが可能など、サービス内容が拡張されてきています。
akippa

軒先パーキング

軒先パーキングも、akippaと同様、空いている時間を登録して、もったいないスペースを予約駐車場として使うことができます。近くのショッピングモールなどの利用者にも好評で、ご近所の迷惑駐車もなくなります。通勤で車を使って昼間は空いている駐車場などを、ほかの誰かに貸し出すことで、有効活用でき、同時に副業としてお小遣いが得られます。日付を指定してチケットを予約し、カードで料金を支払い、メールを見せてそのまま駐車するだけです。
平日の昼間でも思ったよりニーズがあり、利用者にとっても予約ができて確実に止められるので、貸す人も借りる人もメリットがあるWin-Winの関係になると好評です。

nokisaki

トメレタ

トメレタはakippaや軒先パーキングの機能に加えて、月極駐車場やコインパーキングの検索もできるのが特長です。お出かけ先の駐車場に関することは何でも解決できると思っていいでしょう。駐車料金100円ごとに、ポンタポイントも1ポイント貯まり、ローソンなどで使うことができます。

tomereta

駐車場シェアリングサービス、儲かるのか?

このように、徐々にサービスは広がってきていますが、日本全国をカバーするところまではいっていません。
また、駐車場シェアリングサービスで儲かるかと言えば、普段でも駐車場が混み合うような大型施設や観光スポットなどの近く、好立地で連日予約が殺到する場所であれば、駐車場の収入で食べていけるかもしれませんが、今のところは、お小遣い稼ぎのサービスぐらいにとらえておくほうがいいかもしれません。
しかし、副業として「遊休資産を活用する」のであれば、収益性は高いといえるのではないでしょうか。

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/