shutterstock_426420286

★AIでわかった!大谷翔平の知られざる「弱点」★

電通ラボは、プロ野球中継とAI(人工知能)を掛け合わせたらどうなるのか。そんな「AI野球解説プロジェクト」に本気で取り組んでいるようです。

開発を進めるのは、AIを活用した解説システム「ZUNO(ズノさん)」。

「ZUNO(ズノさん)」は、300万球を超える膨大なデータを「ディープラーニング」の技術を応用して学習。各打席で投手の配球を予測することに加え、チームの勝敗の予測、さらには年間のチーム順位まで予測できるとのこと。

大谷選手の場合、「満塁で打席が回ってきたときの三振率が両リーグで1位」といった意外なデータから、「月齢3日目の三日月の日には四球を与える確率が2.6%と平均(8.7%)の約3分の1になる」と因果関係が不明なデータまで出てくるそうです。

参照元:東洋経済ONLINE
http://toyokeizai.net/articles/-/166651

関連記事

ページ上部へ戻る