5G_top

★2020年に提供開始!IoTに最適な新通信規格「5G」とは★

IoT用語集>5G(第5世代移動通信方式)

NTTドコモのFOMAに代表される「3G」、同じくドコモのXiやauのau 4G LTE、ソフトバンクのSoftBank 4G LTEなどの「4G」のように、移動体通信方式は世代が移り変わってきました。
3G、4Gの「G」とは「Generation」の頭文字で、4Gの次は5Gとなり、2020年ごろに商用サービス提供が見込まれているそうです。

5Gでは、大きく3つの方向性の要件を満たすことが必要と考えられています。1つは、現在よりも高速化・大容量化したデータ通信の提供、2つ目は、IoT機器など大量の端末の接続への対応、3つ目は超低遅延・超高信頼性の性能ということです。

センサーなどのデバイスは人間が持ち歩くスマートフォンなどとは異なり、街や家庭、オフィスなどの様々な場所に配置されるほか、自動車や自転車、紛失を防ぎたいモノなどにも着くでしょう。そうなったとき、1つの基地局に通信を求めるデバイスの数が現在の10倍、100倍と増えても、同時にアクセスできる性能が求められます。
電波の届く範囲が広く、電池交換せずに長期間の利用ができる技術も必要で、高速なデータ通信を追求する方向の進化とは、別の進化が求められるわけです。

2020年まであと3年、しかしすぐに商用利用できるわけではなさそうですので、現在利用できる通信方式や提供が始まる現実的な通信方式を上手に使って、まず製品やサービスを提供していくことが大事でしょう。

参考:IoTに最適な次世代移動体通信方式「5G」ってなんだ?
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49962

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/