vending

★IoT自販機が子供を見守る!実証実験開始★

情報通信研究機構(NICT)とアサヒ飲料は5月23日、「見守り」「交通安全」「観光」などのリアルタイムな地域情報を中継しながら発信する「見守り自販機」の実証実験を、東京都墨田区を中心に2017年6月から順次実施すると発表しました。
自動販売機約100台にIoT無線ルーターを搭載、自動販売機が情報中継、発信の拠点となる無線ネットワークを構築するそうです。
また、これらの自動販売機と飲料補充車両に加え、タクシーにもIoT無線ルーターを設置し、地域全体をカバーする無線ネットワークを構築するとのこと。

この無線ネットワークとビーコン端末を利用して、交通安全の注意喚起や位置情報を使った見守りサービス、タクシー事業者のための乗客発見支援サービスなどの実用性も検証。観光客のスマートフォンにリアルタイムな観光情報やお得な情報などを届けるサービスも検討中で、「見守り」「交通安全」「観光案内」などのサービスの提供が可能か実験を行うそうです。

街中に点在する自動販売機を活用したスマートタウンの取り組みといえます。

参考 http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1705/25/news065.html

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/