VR

★VR広告も始まる!多分野で普及が進む仮想現実の世界★

Youtubeで動画を見ている時に挿入される「広告」、スキップしたりつい見てしまったりしていますよね。
テレビCMとは別の、個人向けの動画広告が普及し始めてそれほど時間が経たないうちに、次の広告スタイルが登場しました。
それが「VR広告」です。

VR開発環境を提供するUnityは、2017年のうちにに新しいタイプの広告「Virtual Room」を公開すると発表しました。
これまでのVRマーケティング体験とは違い、Virtual Room広告は広範なVRアプリのネットワークに現れるといいます。
UnityのVR・AR戦略の責任者、トニー・パリシ氏は、「VRはどんな新しい媒体とも同じように、収益化されなければなりません。開発者は収益を得たいわけですし、わたしたちはその手助けをしたいのです」と言います。

Virtual Roomsはプレーヤーの視野のどこかに、宙に浮かんだ光を放つドアとして現れ、もし入ることを選べば、それまでとは全く違う体験に入り込むことになるといいます。

VRを操作している時に、そうした「仕掛け」がある場合、人は「その先に何があるのか」気になるでしょう。そうすると、非常にインプレッションの効果の高い広告となりうると期待されています。

参考:仮想現実の世界に「VR広告」が配信される時代がやってきた
https://wired.jp/2017/07/26/vr-ads-are-almost-here/

PR:次世代オムニチャネルを実現する、バーチャルコマースパッケージ「EC-Orange VR」

あの時、あの場所にあった商品を手にとるようにして購入できる。今までのECでは体験できなかった、お店体験をそのままWebにし、取り込みたいと思っていた購買層を獲得するのがEC-Orange VRです。

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/