bitcoin_img_og

ビットコイン分裂で「ビットコインキャッシュ」が誕生!その原因と経緯とは

ビットコインの運用に関して、重要なニュースがありました。2017年8月1日に発表されたビットコインの分裂騒動です。

以前からビットコインは「ハードフォークを行うべき」という声と、「現在の状態を維持すべき」という声がせめぎ合っていました。
今回はビットコインの分裂騒動がどうなったのか、またどういった経緯でハードフォークの話が浮上したのか、そもそもハードフォークは何か、といったテーマについて論じていきたいと思います。

ビットコインの分裂騒動はどうなったのか?

結論から言うと、ビットコインは分裂しました。今までと同じビットコイン(Bitcoin)と、ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)に分かれました。

分裂して新しく生まれたビットコインキャッシュは従来のビットコインのルールと異なるため、ビットコインとビットコインキャッシュの二つの間に互換性はありません。この点は以前ハードフォークが行われたイーサリアムと同様です。ビットコインは旧仕様、ビットコインキャッシュは新仕様で運用されています。ビットコインを元々保有していた人は、自動的に同じ数のビットコインキャッシュも保有することになります。

今回の分裂騒動の経緯

ビットコインには二つのグループが存在します。ビットコイン・アンリミテッドビットコイン・コアの二つです。

ビットコイン・アンリミテッド

ビットコイン・アンリミテッドというグループは、以前からビットコインのブロックサイズを大きくしたほうがいいのではないかと主張していました。「スケーラビリティ」というフレーズを聞いたことがあるかもしれませんが、スケーラビリティとはブロックの拡張性のことを指します。その理由というのも、ビットコインの取引では一つの取引に対し処理時間が長くかかっていました。

一つのブロックのサイズが1MBしかないため、ブロックに取引が記録されるとすぐにいっぱいになってしまいます。
現在は利用者の拡大でブロックが埋まる速度が速く、新しいブロックに記録を行うにしても、元のブロックの記録を確定させないことには新しいブロックは作れません。このブロックの確定作業を行っているのがマイナー(採掘者)と呼ばれている人たちで、取引記録を確定させるために複雑な計算をした上でブロックの整合性を確認しています。ブロックが確定されて初めて新しいブロックが生成され、チェーンのようにつながっていきます。このブロック確定作業によってマイナーは報酬を受け取る仕組みとなっています。

ビットコイン・コア

一方、ビットコイン・コアというグループはブロックサイズを大きくするのではなく、ブロックの中に書き込む情報を圧縮しようと主張していました。

ビットコイン・コアの主張は、SegWit(セグウィット)というブロックの記録の方法を変更することで処理時間を速くしようという提案がされていました。SegWitを行うことによってブロックの取引記録の一部が別のブロックに記録されるようになるため、一つのブロックにより多くの取引情報を書き込むことができるようになり、処理時間の短縮につながると見られています。この取引記録の一部とは1回の取引における電子署名のことで、これを別のブロックに移すことをSegWitと呼びます。

SegWitを行うためには95%以上のマイナーの同意が必要でしたが、今回ほとんどのマイナーがSegWit実行に賛成だったため、7/23にSegWit以外のブロック以外を拒否する処置(BIP91)が実行されました。

thumbs_up

ビットコインキャッシュとは

ビットコインとは別の仮想通貨であり、特徴として以下のことが挙げられます。

https://www.bitcoincash.org/

https://www.bitcoincash.org/

  • ブロックサイズ上限が8MB
  • リプレイワイプアウトプロテクション
  • 新しい署名方法によって取引におけるセキュリティが高くなる

中でもブロックサイズが大きくなるという点が最大の特徴と言えます。

ハードフォークとは

ハードフォークは仮想通貨のルールの変更のことを指します。これに対してソフトフォークもありますが、ソフトフォークはルール変更後も旧ルール・新ルールの仮想通貨に互換性がある点が特徴ですが、ハードフォークはルールが変更された時点から旧ルール・新ルールの仮想通貨に互換性は無くなります。

仮想通貨のハードフォークにおいては、変更が加えられた後どのようになってしまうのか予測がつかないので、ほとんどの人は損失を回避するために行動するか、そのままで様子を伺うかのどちらかの対応をとります。
損失を回避するためにはハードフォークの前に仮想通貨を別の仮想通貨に換えることや、一旦現金に戻して様子を見るという方法があります。

現在のビットコインとビットコインキャッシュの状況、また他の仮想通貨への影響

現在のビットコインの状況については、ビットコインは7月より1BTCの価格が上昇し、およそ30万円前後で推移しています。それに対してビットコインキャッシュは8月1日の時点で300USD前後と低調な滑り出しとなっており、しばらく様子見の状態が続いているのか、まだ爆発的な人気とはなっていないようです。
一時期ビットコインキャッシュの価格が徐々に値上がりしていき、600USDになりましたが、今では価格が落ち400USD前後となっています(※)。

ビットコインの取引所や販売所において8月1日のハードフォーク以前から混乱を避けるために、ウォレットから外部ウォレットへの送金を停止していましたが、現在は停止を解除し通常通りの取引が行われています。

ハードフォークが行われる可能性が高いというニュースが出始めてから1BTC=21万円台に落ち込むこともありました。以下のbitFlyerの相場チャートでは7/11あたりを境に徐々に値段が下がっていき、7/16に7月の最低価格211,914円となっています。やはり損失回避の理由でビットコインが大量に売りに出されたと見られています。

(出典:bitFlyer ビットコインリアルタイムチャート【価格・相場】)
https://bitflyer.jp/ja/bitcoin-chart

ビットコインが大量に売りに出されているとなると、他の仮想通貨に換えて様子を見ているユーザーが多いのかと思いきや、イーサリアムやリップルなどといった他の仮想通貨においても価格の下落が起こっていました。

以下のチャートはイーサリアムの7月の価格推移ですが、表を見てわかる通り10日前後から価格が下がり始め、7/17には17,500円の最低値を出しています。

Ethereum

(出典:CoinGeckoイーサリアム/Ethereum/Japanese Yen (ETH/JPY) 30日の相場チャート)

こちらはリップルの価格相場です。

repple

出典:CoinGeckoリップル/Ripple/Japanese Yen (XRP/JPY) 30日の相場チャート)

リップルも目立った価格の上昇は発生しておらず、むしろ下がっていっています。
仮想通貨はビットコインの分裂騒動が報じられた後、全体的に価格が下がった傾向にあるので、特定の仮想通貨がビットコインの混乱回避のための退避先とはなっていないように見受けられます。

まとめ

ビットコインとビットコインキャッシュに分かれてしまったものの、不安からビットコインを手放してしまった人を除き、ユーザー側には大きな混乱はありませんでした。ビットコイン保有者からしてみれば同量のビットコインキャッシュがもらえるということもあり、静観していた保有者は分裂による損失は起こっていないはずです。

今後のスケジュールとしては8月10日頃にSegWitがロックインされ、問題なく進んでいけば8月24日頃にアクティベートされると言われています。

ビットコインとビットコインキャッシュの分裂は技術的なこともあり複雑で理解が難しいですが、落ち着くまでは最新ニュースを常にチェックする必要があるでしょう。

※本記事の内容は2017年8月上旬現在のものです。仮想通貨のレートについては、変動がありますので最新情報をご確認ください。

PR:エスキュービズムのインテグレーション事業

エスキュービズムは「ハードウェア」「ソフトウェア」「デジタル」「リアル」という21世紀で求められるビジネスプラットフォームを構築してきました。
こうした「エスキュービズムプラットフォーム」を活用し、 モノ IT、リアル デジタルなどあらゆる垣根を融合していくことで、 業界や企業の課題解決へ導きます。

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/