ふるさとチョイス

ふるさとチョイスはどんなふるさと納税サイト?メリットや特徴について解説

  • ふるさと納税は、どのサイトから申し込むのがお得なの?
  • ふるさとチョイスがいいと聞いたけど、実際どうなの?

ふるさと納税を申し込みができるサイトは数が多く、どれを使えばいいかわからないと悩んでいる方も多いと思います。
そこでこの記事では、掲載自治体数が豊富で数多くの返礼品の中から選ぶことができる「ふるさとチョイス」について解説します。

具体的には、

  • ふるさとチョイスの特徴
  • ふるさとチョイスを使うメリットデメリット
  • ふるさと納税サイト「さとふる」との比較

の順番に重要なポイントをご紹介します。

ふるさとチョイスを使ってふるさと納税を利用しようと考えている方は、ぜひ参考にしてくださいね。

ふるさとチョイスについて

ふるさとチョイスは、掲載数No. 1のふるさと納税サイトです。
ふるさとチョイスの大きな特徴は以下の3つ。

  1. 掲載自治体数が豊富!自治体数は1700超え
  2. 紹介レポートや動画など、コンテンツが豊富
  3. ふるさとチョイスcafeで直接相談・寄附出来る

それぞれの特徴についてみていきましょう。

1.掲載自治体数が豊富!自治体数は1,700超え

ふるさとチョイスの最大の特徴は、何と言っても掲載自治体数と返礼品の掲載数の豊富さ。
掲載数は、

  • 全国1,788自治体
  • 18万点以上の返礼品

と、掲載数No. 1のふるさと納税サイトです。

また、「掲載数が多すぎて選べない」という方向けに、返礼品を様々なランキングから選ぶことができるようになっています。

  • 肉、果物類、魚介類などのカテゴリー別ランキング
  • 寄附金額別のランキング
  • 寄附金の使い道ランキング

など、どの自治体に寄附するか迷っている方が様々な選択肢から選ぶことが可能です。

2.紹介レポートや動画など、コンテンツが豊富

ふるさとチョイスの2つ目の特徴は、自治体の動画コンテンツや紹介レポートなどの豊富さです。
ふるさとチョイスに関連のある以下の3サイトで様々なコンテンツを紹介しています。

  1. ふるさと納税を通して芽生えた希望の種を全国に広げていくWebメディア「CHOICEEDS(チョイシーズ)」
  2. 日本の魅力や課題を多くの方に知ってもらうメディア「Areal Japan(エリアル ジャパン)」
  3. ふるさとチョイスのスタッフや地域の方がお礼の品や地域の魅力を伝える「ふるさとチョイス ブログ」

例えば、「CHOICEEDS(チョイシーズ)」では、将棋駒の産地である山形県天童市がふるさと納税を活用し、産業規模が一昨年度比2倍以上になった事例を職人さんのインタビューなどをまじえて動画で配信しています。

また、動画に登場する方のインタビューを「Areal Japan(エリアル ジャパン)」でインタビュー記事として公開。

ふるさとチョイスは、動画やインタビュー記事など、コンテンツが豊富です。

3.ふるさとチョイスCafeで直接相談・寄附出来る

ふるさとチョイスの3つ目の特徴は、実店舗のカフェ「ふるさとチョイスCafe」で直接相談や寄附ができることです。

また、ふるさとチョイスCafeでは、地域や特産品を紹介するイベントを開催するなど、気軽に足を運んでもらえる工夫をしています。

例えば、2018年10月30日?11月4日には、鹿児島県志布志市(しぶしし)がふるさとチョイスCafeでイベントを実施する予定です。
内容は、

  • 返礼品の試飲試食
  • 地元生産者と一緒に試食会

となっています。

直接相談できたり、自治体の方やものと触れることで、よりふるさと納税を身近に感じることができます。

次に、ふるさとチョイスのメリットを紹介していきます。

ふるさとチョイスのメリットは3つ!

ふるさとチョイスを利用するメリットは、以下の3つです。

  1. 返礼品選びに迷わない!専門家による返礼品の比較や特集など選び方が豊富
  2. わざわざ銀行に振り込みにいく必要なし!クレジットカードでの決済可能
  3. いますぐ決められない!後からでも返礼品を選べるポイント制

それぞれのメリットについて解説します。

1.返礼品選びに迷わない!専門家による返礼品の比較や特集など選び方が豊富

ふるさとチョイスを利用する1つ目のメリットは、専門家による返礼品の比較や特集があるなど、返礼品の選び方が豊富なことです。

例えば、「【お礼の品徹底比較】プロが選ぶおすすめのカレー11種類の特徴まとめ」では、ご当地レトルトカレー診断であなたの好みのカレーをチェックし、オススメのカレーを紹介してもらえます。
他にも地ビールや日本酒など、プロが選ぶおすすめな特産品を知ることができるため、「どれを選べばいいかわからない」という悩みを解決!
様々な比較や特集を見て、あなたにあった返礼品を選びましょう。

2.わざわざ銀行に振り込みにいく必要なし!クレジットカードでの決済可能

ふるさとチョイスの2つ目のメリットは、クレジットカード決済ができることです。
ふるさと納税をするために、わざわざ銀行に振り込みに行くことは手間ですよね。

ふるさとチョイスでは、Yahoo!公金支払いを利用しているため、クレジットカード決済が可能になっています。
ただし、自治体によっては、Yahoo!公金支払いからGMOペイメントゲートウェイに変更した自治体もあるため、注意が必要です。

ふるさとチョイスでは、便利なクレジットカード決済ができます。

3.いますぐ決められない!後からでも返礼品を選べるポイント制

ふるさとチョイスの3つ目のメリットは、金額に応じて自治体ごとで使用できるポイント制があることです。

なぜポイント制がメリットかというと、ポイントを利用することで好きなタイミングで返礼品に交換できるから。
例えば、節税のためにふるさと納税を期間ギリギリの12月に利用したいと考えた際に、急いで返礼品を決めるのは大変ですよね。そのような場合は、ふるさとチョイスでは、すぐに返礼品をもらわずに一旦ポイントとして持つことができるため、後でゆっくりと返礼品を選べます。
他にも、余ったポイントを次回の寄附時に併せて利用できたり、ポイント限定の返礼品をもらうなどのメリットがあります。
ふるさとチョイスでは、ポイント制を採用しているので、お得に使いこなしましょう。

ここまでふるさとチョイスのメリットについて紹介してきました。
次にふるさとチョイスのデメリットについてみていきます。

ふるさとチョイスのデメリットは、マイルや楽天ポイントなどの還元がない

ふるさとチョイスのデメリットは、ANAのふるさと納税や楽天ふるさと納税と比べて、マイルや楽天ポイントなどの還元がないことです。
ANAのふるさと納税で申し込んだ場合は、ANAマイル、楽天ふるさと納税で申し込んだ場合は、楽天スーパーポイントで還元されます。
しかし、ふるさとチョイスでは、独自のポイント制があるため、他のサイトにはないメリットがあります。

ポイント制のメリットは、以下の2つです。

  1. 好きなタイミングで返礼品に交換できる
  2. ポイント限定の返礼品がある

特に、好きなタイミングで返礼品に交換できることは大きなメリットです。
どの特典を受けたいかで使うサイトを選ぶことも一つの手です。

次にふるさとチョイスと「さとふる」を比較していきます。

ふるさと納税サイト「さとふる」との違い

ふるさとチョイスと同じようにふるさと納税サイトで有名な「さとふる」
2つのふるさと納税サイトにはどのような違いがあるのでしょうか。

以下の5つの基準を元に比較していきます。

  1. 掲載自治体数
  2. それぞれのメリット
  3. それぞれのデメリット
  4. クレジットカードは利用出来る?
  5. レビュー機能はある?

それぞれみていきましょう。

1.掲載自治体数

掲載自治体数が多いほど、多くの返礼品の中から選ぶことができます。
「ふるさとチョイス」と「さとふる」の掲載自治体数を比較します。(2018年10月現在)

  • ふるさとチョイス:全国1,788自治体
  • さとふる:全国459自治体

掲載自治体数は、ふるさとチョイスが多く取り扱っています。

掲載自治体数の数に伴い、返礼品の種類もふるさとチョイスが豊富です。

2.それぞれのメリット

次にそれぞれのメリットを解説します。

ふるさとチョイスのメリットは、

  1. 返礼品選びに迷わない!専門家による返礼品の比較や特集など選び方が豊富
  2. わざわざ銀行に振り込みにいく必要なし!クレジットカードでの決済可能
  3. いますぐ決められない!後からでも返礼品を選べるポイント制

です。

さとふるの最大のメリットは、何と言っても「返礼品のレビュー機能」。
レビュー機能があることで、自治体からの紹介文だけでなく、実際の体験談や利用した方の評判を確認することができます。

それぞれのサイトのメリットを解説したところで、次はデメリットをみていきましょう。

3.それぞれのデメリット

それぞれのデメリットは、

  • ふるさとチョイスのデメリット:マイルや楽天ポイントなどの還元がない
  • さとふるのデメリット:ポイント還元がなく、独自のポイントもない

このようになります。

ふるさとチョイスは、ポイント還元はありませんが、独自のポイント制が用意されています。
このポイント制では、

  1. 好きなタイミングで返礼品に交換できる
  2. ポイント限定の返礼品がある

といったメリットがあります。

さとふるにはふるさとチョイスのような独自のポイント制がありません。
しかし、さとふるではクレジットカードでの決済が可能なため、それぞれのクレジットカードのポイントを受けることは可能です。

続いて、それぞれのサイトがクレジットカードが利用できるかをみていきます。

4.クレジットカードは利用できる?

クレジットカードは、「ふるさとチョイス」、「さとふる」それぞれで利用可能です。

また、さとふるでは、キャリア決済

  • ソフトバンクまとめて支払い
  • auかんたん決済
  • ドコモ払い

にも対応しています。

ふるさとチョイスは、キャリア決済は「ドコモ払いのみ」となっているので、決済方法の手段の豊富さでは、さとふるの方が利便性が高いです。

5.レビュー機能はある?

レビュー機能は、さとふるの最大のメリットです。
レビュー機能があることで、ユーザーからの体験談や評判を確認できます。
ふるさとチョイスには、レビュー機能はありません。

一方で、ふるさとチョイスは掲載自治体数が1,788と豊富で、たくさんの返礼品の中から選ぶことが可能です。

改めて整理します。

  • ふるさとチョイス:レビュー機能なし。掲載自治体数が豊富
  • さとふる:レビュー機能あり。掲載自治体は多くない

多くの返礼品の中から選びたい方は、ふるさとチョイス。
ユーザーのレビューを確認してから選びたい方は、さとふるといった使い方ができます。

比較項目 ふるさとチョイス さとふる
掲載自治体数 1,788 459
メリット ・選び方が豊富
・クレカ決済
・ポイント制
レビュー機能あり
デメリット マイルや楽天の還元なし マイルや楽天の還元なし
クレジットカード利用 可能 可能
キャリア決済にも対応
レビュー機能 ×

ふるさと納税を豊富な返礼品から選びたい方はふるさとチョイス

今回の記事の内容をまとめます。

  • ふるさとチョイスは、掲載自治体数が1,700を超えるふるさと納税サイト
  • 専門家による厳選した返礼品を知ることができるなど、コンテンツが豊富
  • 独自のポイント制があり、好きなタイミングで返礼品をもらえる

ふるさとチョイスの特徴は、掲載自治体数が豊富で、多くの返礼品の中から選べることです。

ふるさとチョイスの利用を考えている方は、参考にしてください。

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/