eyecatch

IoT×家電にはどのようなものがあるのか 体温計編

IoT×家電、第14回は体温計のお話です。水銀計からデジタル体温計にシフトしてだいぶ経ちましたが、インターネットと繋がっている体温計は生まれたのでしょうか。


体温計×インターネット

kinsa

アメリカで販売されている「Kinsa」は、Android、iPhoneのイヤホンジャックに差し込む体温計です。スマホアプリに体温計で測った体温が表示されるというシンプルな構成ですが、GPS機能と連動して地図情報と紐付けされ、そのエリアで発熱している人が多ければ、病気が広がっている可能性が高いなどのアラートが表示されるのがIoT体温計らしいところ。
もしかしたら、これからは体温計からインフルエンザの発症予測ができるようになるかもしれません。


基礎体温×インターネット

docomo
アメリカだけでなく、日本でもIoTを活用した体温計がサービスインしています。ドコモが提供している「カラダのキモチ」は、基礎体温などを記録・分析して、健康的なカラダをサポートするスマートフォンアプリです。

基礎体温計が付いており、有料のアプリサービスに加入すれば、健康プラットフォームと連動した女性の月経周期に合わせたこころとカラダ作りをサポートしてくれます。
また、体内時計などを整えるサービスなども人気です。

生理日・排卵日の予想を立てて、使えば使うほど、利用者のカラダのリズムに合わせた情報がもらえます。また、その日の体調に応じた毎日のアドバイスもアプリで行います。基礎体温計は10秒で検温でき、体温計をスマホにかざすだけで、簡単に転送でき、基礎体温と体重の管理をグラフで行います。


オムロンの開発した基礎体温計×スマホ×アルゴリズム

docomo2

基礎体温とは人が体を動かしたり、脳を使ったりしないで最も安静にしている時の体温を言います。
引用元:基礎体温がよくわかるページ

基礎体温計はオムロンが開発しており、独自のアルゴリズムによって排卵予測を立てています。基礎体温をつけ続けることで、排卵予想が正確にできるようになり、自分の排卵のサイクルや体のリズムを的確に、リアルタイムに把握できます。
妊娠可能性の高い時期も、このアルゴリズムが表示してくれます。

体予測機能で、妊娠時期だけでなく、ダイエットの効果が高い日なども教えてくれます。体へのアドバイスは、食、ダイエット、ビューティ、カラダの知識、カラダケア、ココロケア、ライフスタイルに分かれており、どれもすべて専門家が監修してくれます。

基礎体温のグラフは、PDF出力が可能なので、病院での診察にももってこいなのです。
オムロンの体重計とも連動しており、転送した体重、体脂肪のデータを自動でグラフ化しています。どちらも継続して記録するのが非常に簡単で、データが取りやすいのが特徴です。

ストレスや何からの病気によって、生理周期や基礎体温に変調をきたした場合は、独自のアルゴリズムを元に判定して、アプリを通じて病院に行くことを推奨してくれます。
乳がんのセルフチェックケアもついており、生理周期に基づいた適切な時期、詳しいやり方などもアプリで確認できるのです。

さらに、アプリからのお知らせを元に、医療機関を受診して病気が発見された場合には、お見舞金が振り込まれます。婦人病等には5000円、乳がんなどの疑いがあり検査を受診した場合は、3万円のお見舞金がもらえます。アプリで異常を知らされた時に、病院に行くことを勧めてくれるわけですから、こんなに心強いものはありません。

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/