160606

グラスをコースターに置くだけでおかわりが届くIoT製品「おかわりコースター」販売

エスキュービズム・テクノロジーの新しいIoT製品「おかわりコースター」のプレスリリースを配信しました。>>プレスリリースはこちら

おかわりコースター特設サイト:https://usable-iot.com/okawari/

飲食店でのよくある光景。一気に飲んでしまったので、もう一杯同じドリンクを飲みたい。忙しそうな店員さんを探してキョロキョロ、やっとつかまえて「同じの!」と注文する。でも、話の腰は折れるし、なかなかおかわりのドリンクは届かずにイライラ。店員さんはオーダーが重なると配膳が遅れ、焦ってしまう…そんな客側と店側の「イライラ」をIoTで解消するアイテムです。

■「おかわりコースター」に置くだけ簡単注文

 お客様がコースターにグラスを置くと、グラス下部の取り付け部分に埋め込まれたLEDから発信されるランプ信号をコースターが受信し、コースターからキッチンのプリンターに情報が発信されます。プリンターは情報を受け取り、伝票が印刷されると、キッチンのスタッフがドリンクを用意。ホールのスタッフは、キッチンで用意されたドリンクを受け取り、座席に届けます。

160606_flow

■「おかわりコースター」で客単価の向上と業務の効率化を実現。外食業界を支援します。

「おかわりコースター」を導入することでお客様は店員を探して、呼び止めて注文するという手間を省略できます。グラスを置くだけの「簡単さ」店員を呼ばなくてよい「頼みやすさ」により、ドリンク注文数の増加を狙います。
店員はオーダーをとり、キッチンに伝えるという手間を省くことができます。また、近年は外国人スタッフの増加によりコミュニケーションの簡素化、店舗オペレーションの効率化がこれまで以上に求められています。

■人手不足、人件費高騰に悩む外食業界

 近年の外食業界では、人手不足による人件費高騰の傾向が指摘されています。株式会社リクルートジョブズによる「アルバイト・パート募集時平均時給調査」によると、外食業界の平均時給は2014年4月から、2016年3月にかけて3.8%上昇しています。人件費が売上の3割(※)を超える外食業界において、この状況は大きく圧迫するコストアップを招いています。業務効率の向上や、客単価の向上が急務となっています。
※[財務総合制作研究所] [法人企業統計年報特集][2014]データをもとに算出。

■人件費4.3%削減の効果予測。

 現在Sテックでは小売・外食店4755店舗(※1)にタブレット型POSレジ(Orange POS)を導入しています。外食店への導入でのノウハウを元に自社調べを行ったところ、全注文の約40%の卓(テーブル)においておかわりが注文されていることが分かりました。全ドリンク提供数におけるおかわりの割合は約10%となり、仮にこのオーダーがおかわりコースターで受付ができた場合、全体の4.3%(※2)の工数が削減できる想定です。

※1 2016年4月時点
※2 全体のメニュー提供数に占めるおかわりの注文数。

【おかわりコースター製品仕様】

コースターサイズ:W130×H27.5×D200(mm)
ジョッキ側ユニットサイズ:Φ81×H34 (mm)※ジョッキは除く
使用デバイス:iPod touch
アプリOS:iOS
搭載センサー:CMOSセンサ
* 画像は全て開発中のものです。
* 記載されている会社名及び商品名/サービス名は、各社の商標または登録商標です。
* 製品の仕様は変更される可能性があります。

【お問い合わせ】
株式会社 エスキュービズム・ホールディングス PR部
新村・中西  koho@s-cubism.jp/電話 03-6430-6730(代表)


IoTとは

今更聞けないIoTとは!? モノのインターネット徹底解説!
building_ment

関連記事

エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/