IoT用語集

AR

最近女子高生や女子大生などを中心に、社会現象とも言える状況を作り出している自撮りアプリスノー(SNOW)に代表されるように…


Beacon

Beaconを直訳すると、のろし、かかがり火、標識や目印という意味があります。つまり代表されるのは…



Bluetooth Low Energy

Bluetooth Low Energy(BLE)とは、Bluetoothのバージョン4.0の呼称。Bluetooth4.0の特長は…



3Dジェスチャー

3Dジェスチャーとは、Microsoftの家庭用ゲーム機Xbox360及びXbox One専用周辺機器の一つKinectに…



VR(拡張現実)

バーチャルリアリティのこと。実際存在してはいないか形は異なるかも知れないが…



クラウドコンピューティング

コンピュータネットワークをベースとしたコンピュータ資源の利用形態。ネットワーク、…



プレイステーションVR

従来のゲーム機、ソニープレイステーションの中に実際に入り込んで操作しているかのような3Dバーチャルリアリティ体験を…



5G(第5世代移動通信方式)

5Gとは、現在、各キャリアで導入が進んでいる第4世代移動通信方式(例 NTTドコモではLTE-Advanced)の次の方式で…



エッジコンピューティング

エッジコンピューティングとは、ネットワークの末端(エッジ)ユーザーのそばでコンピュータ処理を行うことを…


M2M

Machine to Machineを指し、機械と機械同士のネットワークでつながり、やり取りを…


ビッグデータ

定量的な基準はありませんが、技術の発達により取得出来るようになった、はるかに膨大で…


ユビキタス

「ubiquitous:偏在(いつでもどこでも存在する)」を表す言葉で…


スマート〇〇

高度な情報処理機能を持つ(情報化された)システム・モノのことを従来と比べて…


IoC

Intenet of Customersのことです。社会で役立つサービスや製品のために、ビジネスの顧客を…


IoA

Internet of Abilityのことです。Abilityは「能力」、つまり人間の能力そのものがネットワークを通じて…


ウェアラブル

ウェアラブルデバイス。身につけることで、記録や動作補助などを目的としたコンピュータデバイスを…


3Dプリンター

デジタルデータから樹脂等を加工して造形する装置。今まで高額だった金型や大型の機器が…


人工知能(AI)・機械学習・ディープラーニング

人工知能とは、「人」が普段行っている情報取得・分析・思考・判断・行動を代わりに行える機能を持った…


IoE

Internet of Everythingのことです。つまり、あらゆるものがインターネットにつながる世界の…


アジャイル開発・アジャイルソフトウェア開発

ソフトウェアを開発する際にはいくつかの開発手法があるが、より迅速かつより適応的にソフトウェア…


ウォーターフォール型開発

ウォーターフォール型とは、上記のアジャイル開発とは異なり、ソフトウェアシステム開発を…

エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/