インテグレーション・プラットフォーム構築事業
ケーススタディ

ホテルチェックアウトシステム

チェックアウト手配の簡素化で、業務効率を改善

課題

無人の回収ボックスにカードキーを投入することで完了するチェックアウトの場合、
カードキーを回収し、その後、マンパワーで部屋在庫管理(どの部屋かの確認)をしていた

現状のオペレーションにおける課題
従業員への作業負荷(工数の発生)
情報共有のタイムラグ(機会損失)
宿泊客
回収ボックスにカードキーを投函
従業員
ボックスからカードキーを回収
従業員
ICリーダーで読込・登録

解決策

ICカードリーダーを埋め込んだ回収ボックスを作成。
宿泊客がチェックアウト時にカードキーをタッチしてもらうことで
空室在庫管理がオートメーションで行われる。

また、基幹システム(PMS)と連動することで部屋在庫が即時に共有され、
ルームクリーニングのタイミングなどが最適化される。

ホテルチェックアウトシステムで
解決できること
作業の一部をお客様へ転嫁(従業員の作業工数の軽減)
情報共有のリアルタイム化(業務の最適化)
業務効率の改善
客室ステータスのリアルタイム更新:
例えば、ルームクリーニングのタイミングなどが最適化される
宿泊客
カードキーをタッチ
宿泊客
ボックスが開き、カードキーを投函
従業員
ボックスからカードキーを回収

本ケーススタディに
ご興味のある方へ

既存のアプリケーションへの組み込みや基幹システムとの連携、
その他ご要望に合わせて製作することが可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ:
TEL.03-6430-6732