インテグレーション・プラットフォーム構築事業
ケーススタディ

室内機器コントロールのIoT化
-ルームサービス-

ホテル全体のIoT化で、人件費の削減・顧客満足度の向上を

課題

飲食業やホテル旅館業では人件費の削減、人材の確保が課題となっています。
また、サービス面ではインバウンド需要による多言語に対応した接客が求められています。

背景

内閣府 規制改革推進会議による旅館業法の改正意見(※)により、
フロントの代わりにIoT等を導入できる可能性があります。


IoTを活用した業務オペレーションを行うことで、
人件費の削減・人材の確保・多言語に対応した接客を実現

※ 内閣府 規制改⾰推進会議 平成28年12⽉6⽇ 旅館業規制の⾒直しに関する意⾒ 2.改⾰の⽅策 (2)による。
(http://www8.cao.go.jp/kisei-kaikaku/suishin/meeting/committee/20161206/161206honkaigi02.pdf)

解決策:室内機器コントロールのIoT化

各種ルームサービスをIoT化することで、ルームサービスに関わる手間やコストの圧縮、単純化が可能に。
たとえば、室内機器のタブレット管理など最先端技術を採用し、ゲストに新たな価値を提供することが可能となります。

タブレットを利用し、室内機器を全て一括管理

タブレットを一室に一台設置、室内コントロールを担う機械とすることで、多様な機能性を提供します。

冷蔵庫、エアコン、お風呂、カーテン、アラームなど、ホテルの室内設備をタブレットで一括管理。 冷蔵庫のドリンクの購入をタブレットで行ったり、目覚まし時計とカーテンを連携させて心地よい目覚めを提供するなど、数多くのサービスを提供可能です。

タブレットのコントロールシステムは、スマホのアプリとも連携、チェックインした部屋のタブレットシステムとスマホアプリが連携することで「スマート家電」を体験することも可能になります。これらのインターフェイスは多言語対応が可能なため、タブレットを導入するだけで、海外からのお客様の様々なニーズに細やかに対応することも可能です。

その他、たとえば館内情報をデジタル化し、多言語対応するなど、ペーパーレスオペレーションも実現可能です。

本記事を無料でダウンロード

本記事を資料化しました。
こちらから無料でダウンロードしていただけます。

資料を無料ダウンロード

本ケーススタディに
ご興味のある方へ

既存のアプリケーションへの組み込みや基幹システムとの連携、
その他ご要望に合わせて製作することが可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お電話でのお問い合わせ:
TEL.03-6430-6732