インテグレーション・プラットフォーム構築事業

事例紹介 - 株式会社ビジョン様

株式会社ビジョン様

出国前にグローバルWiFiを
楽に受け取れる
「スマートピックアップ」

解決した課題

グローバルWiFi受け取り時の混雑解消とサービス対応力向上。

課題

製品受け取り時の待ち時間の短縮。
混雑ピーク時のスタッフの負荷軽減とサービス水準の均一化。

株式会社ビジョンが提供する海外用Wi-Fiルーターレンタルサービス「グローバルWiFi®」は、当日受付や事前申し込みをした後、受取カウンターで受け渡しを行っていました。

受け渡し時は、窓口でスタッフがお客様情報の確認からはじまり、端末の確認、付属品の確認、利用方法と注意事項の説明をした後に端末の受け渡しを行い、一人あたり約5分の対応時間を費やしていました。それに加えて、出国便が集中する時間帯には、受付に長蛇の列ができ、渡航前の急ぐお客様に対して受け取り時間と合わせて長い時間をお待たせすることがありました。

仮に混雑時の緩和を目的にスタッフを臨時で増員したとしても、手続きに必要な行程の多さから、ヒューマンエラーの発生の可能性も懸念。併せて、人件費も増えるという問題点も抱えていました。

課題のまとめ

エンド顧客に対しての課題

混雑時には行列で待たされる
搭乗前なので時間を有効に使いたい

企業側の課題

来店者ピーク時の混雑
対応人員(人件費)の増加の必要性
混雑時のヒューマンエラー発生の可能性

提案

無人ロッカーでの受け渡しサービス(スマートピックアップ機能)追加による、時間短縮。
有人カウンターと無人ロッカーの併用により、お客様のニーズに幅広く対応。

エスキュービズムIoT製作室から生まれたプロトタイプ品(スマート宅配BOX)、IoTコアモジュール、Orange DB(データベース)とビジョン側の既存予約管理システムを連携。スマートピックアップ(受取りロッカー)として、新オペレーションサービスを導入することで改善を図りました。

具体的には、「グローバルWiFi®」の予約申込み時にQRコード付きのメールを発行し、そのQRコードが表示されたスマホ画面をかざすことで、指定のロッカーが開き、速やかにWi-Fiルーターを受け取ることを可能にしました。

受取の仕組みについて

Systemの構成について

グローバル WiFi予約システムと宅配BOXとの連動の為に
Orange DBを導入し、予約システム向けのカスタマイズを実施
連動時の管理用画面を開発

機器の受け渡し用の既存宅配BOXをカスタマイズする為に
動作制御用の基板プログラムを書き換え

効果

お客様は、空港内の受け渡しカウンターの列に並ばすにWi-Fiルーターを受け取ることができるため、出発便が集中する早朝や夜間の時間帯の混雑を回避し、出発前の限られた時間を有効に使うことができるようになりました。
加えて、有人カウンターと無人ロッカーを併せて用意することで、丁寧な説明を求めるお客様とスムーズな受け取りを望むお客様の両方のニーズに応えることを実現。 無人ロッカーを設けることで営業時間外の受け取りも可能となり、サービスが向上しました。

利用者へのメリットだけではなく、カウンター人員の効果的な配置や利用が多い時間帯でも丁寧な接客が可能になるなど、運営費の削減や会社の信頼性向上につながりました。

ビジョン様からの声

ハードとソフトを組み合わせて、我々のやりたい「待たせないサービス」が作れるかもしれないという期待感は当初からありました。要望に対して、いま世の中にある技術を駆使すれば解決できますとエスキュービズムさんに即答してもらえたことがプロジェクトを始める決め手になりました。

既製品ではないものを作ろうとしたこともあり、「できません」と言われることが多い要望に対しても、エスキュービズムさんは非常に真摯に向き合ってくれた姿勢にも感謝しています。

加えて、技術と技術の組み合わせによる別のアイデアの提案や、問題に対してテクニカルな解決策を明確に提示してくれたというところも非常にありがたかったです。我々の期待を上回るパフォーマンスに満足しています。

製品受け取りの仕組みを検討されている方
クライアントへの製品受け取りを提案したいと考えている方

お気軽にお問い合わせください

お問い合わせ