CASE STUDY
飲食業界に向け利便性向上人材不足解消をはかる

飲食店人件費削減システム

”おかわり”に特化した注文システム
テーブルとキッチン間の往復の手間を削減

このような課題を解決します

居酒屋やレストランなどの飲食店で、先ほど頼んだ同じドリンクや商品を”おかわり”したいときに
スタッフが同じオーダーを何度もとるためにテーブルとキッチン間を往復することは、時間と人的コストがかかります。
少しのコストでも削減できないかと考え、飲食店人件費削減システムの開発に着手しました。

できること

飲食店人件費削減システムでできること

本ケーススタディのプロトタイプ

居酒屋やバーでおかわりされることが多いビール・ハイボールを想定し、
グラス(ジョッキ)にセンサーを付け、コースター型の受信機に置くとオーダーが送信されるプロトタイプを試作しました。

本ケーススタディのプロトタイプ

※本品はプロトタイプ品であり、製品ではありません。

本ケーススタディにご興味のある方へ

本ケーススタディは、店舗に合わせた形状、デザインやカラーリングのカスタマイズが可能です。
既存のアプリケーションへの組み込みや基幹システムと連携、その他ご要望に合わせて製作することが可能ですので、
まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォームから相談する

お電話でのお問い合わせ

TEL.03-6430-6732
このエントリーをはてなブックマークに追加