飲食店の感動接客を実現するタブレットデバイスの活用方法
~奇跡のレストラン カシータに見る、Tabletデバイスの有効活用方法~

小売りの現場で、タブレットデバイスはカタログツールとして活用される事から始まり、果てはレジシステムや在庫確認のシステムなど、幅の広い活用がなされてきました。小売りの場合には、紙のカタログやパンフレットよりも訴求力のあるデバイス・ツールとしてタブレットデバイスは活用の幅を広げてきました。
その一方、近年では飲食店でもタブレットデバイスを用いた接客を目にすることが珍しくなくなってきています。 しかし本当にタブレットの良さを活かしきれていますでしょうか。タブレットならではの、ハンディデバイスならではのもっと活用できる方法がキットあるはず、とお思いの店舗スタッフの方も多いのではないでしょうか?
そこで店舗で実際にタブレット端末を使用している株式会社サニーテーブルよりタブレットだからこそ実現できる感動接客を分かりやすく、ご案内、ご説明をして頂きます。貴社の次なる一手に是非ご活用ください。

セミナー概要

名称 飲食店の感動接客を実現するタブレットデバイスの活用方法
~奇跡のレストラン カシータに見る、Tabletデバイスの有効活用方法~
日時 2016年3月24日(木)
14:00~15:05(受付開始 13:30~)
会場 コンベンションホールAP浜松町 Nルーム
〒105-0011東京都港区芝公園2-4-1 芝パークビル B館地下1F
・JR山手線・京浜東北線「浜松町」駅北出口より徒歩約7分
・都営浅草線・大江戸線「大門」駅A6出口より徒歩約3分
・都営三田線「芝公園」駅A3出口より徒歩約3分
定員 40名
対象者 タブレットデバイスを用いた店舗運営を行っている飲食店スタッフ、オーナー様
これからタブレットデバイスの導入を検討している飲食店のオーナー様
主催 株式会社エスキュービズム・テクノロジー
参加費 無料(事前申込が必要になります。)

プログラム

13:30 受付開始
【第1部】
14:05~14:30

「飲食店でのタブレットデバイスの活用方法」


タブレットデバイスを店舗に導入しても活用方法が分からずお困りの店舗スタッフオーナー様も多いのではないでしょうか。
本セッションでは、実際にタブレットデバイスを導入、活用されているサニー テーブルのカシータグループにおけるタブレットデバイスを用いた飲食店のオペ レーションとその取り組みをご紹介します。
株式会社サニーテーブル 情報システム部 伊東 喜則
【第2部】
14:35〜15:05

「売上を上げるIT活用方法」


今や店舗運営にかかすことのできなくなったIT。本セッションでは実際に売上を上げる為のITの活用方法を案内いたします。
明日からの店舗運営に活かせるノウハウが満載です。
株式会社エスキュービズム・テクノロジー SaaS/IoT事業部 営業部 部長 丸山 陽

講師プロフィール

伊東 喜則  株式会社サニーテーブル 情報システム部

伊東 喜則  株式会社サニーテーブル 情報システム部

前職であるIT企業では、システムエンジニアとして製造業向け基幹システムの開発に従事。知人と訪れたレストランで受けた接客に感動し、サービスを提供する側のレストラン業務に興味を抱く。2005年に株式会社サニーテーブルに入社。サービススタッフとして勤務すると同時に、店舗の数と組織が拡大するにしたがって都度必要となる、社内システムの整備・構築をも兼任する。現在は、グループ8店舗、および本社部門における全システムを統括するポジションに就いている。

丸山 陽 株式会社エスキュービスムテクノロジー SaaS/IoT事業部 営業部 部長

丸山 陽 株式会社エスキュービスムテクノロジー SaaS/IoT事業部 営業部 部長

Orange POSの立ち上げ当初から、タブレットPOSの営業及び商品開発に責任者として長年携わる。
現場の最前線に立ち顧客の声をOrange POSに反映し続けると共に、顧客インサイトを突いた時代の一歩先の提案を行うエヴァンジェストとしての役割を担う。

※当セミナーは終了致しました。たくさんのお申込み・ご来場ありがとうございました。

ページの先頭へもどる

自社運用メディア

当社では、ECシステムのリプレイスだけではなく、業界の動向を含めた情報の提供を行っております。
これからのECとその周辺を取り巻くシステム環境の改善のため、弊社の情報を是非ともお役立てください。