title160616

IoT×家電にはどのようなものがあるのか スマートロック編

IoT×家電、第16回は「鍵」についてまとめてみました。鍵といってもいろいろ。家の鍵、ロッカーの鍵、カバンの鍵…インターネットに繋がると、どんな「鍵」になるのでしょうか。


鍵×インターネット

スマートフォンで鍵の解錠を操作する、オートロック鍵があります。
鍵の付け替え工事が必要なものではなく、後付けでつけられるのが特徴です。
コマニー株式会社の出した「DECIMEL(デシメル)」は、鍵の開けやすさというよりはむしろ、閉めることに特化した、安全性を追求したスマートロックになっています。

decime

既存のドアを閉めるだけで鍵がかかります。オートロックのドアなのです。
暗証番号での解錠も可能なので、キーレスになります。
配線のいらない電池式タイプで、1時間程度の工事で取付可能です。電池式なので、停電などの万が一の際にも安心。

そして、帰宅すれば、ボタン一つで解錠されますので、とっても便利です。
オートロックは非常に便利で、警視庁の「平成25年の犯罪情勢」によると、住宅対象の侵入窃盗のうち、45%が、無施錠のドアから侵入されています。
こういったデータを見るに、住宅侵入を未然に防ぐには、鍵の締め忘れをなくすことが最も効果的だと言えるでしょう。


鍵×スマホ

解錠はスマホで行う場合もあります。いつものカバンに専用スマートキーを入れたままでワンタッチで解錠できます。そして、スマートフォンの専用アプリによる解錠も可能です。これらは、不動産管理会社や賃貸オーナーに向けて開発されており、不動産の業界でもニーズが高そうです。
大家さんならばアパート一棟まるごとスマートロックに変えることも可能ですので、大規模な需要が見込めます。
こうした不動産に設置するスマートロックは、不動産の内覧をするときも便利です。
物理的に鍵を持たなくとも、鍵を預けている不動産屋さんに直接取りに行かなくとも、キーレスでアンロックできるからです。

キーレスエントリーシステムのIoT化

不動産管理に特化したキーレスエントリーシステムも開発されつつあります。
リクルートテクノロジーズが大東建託とIoT技術で連携~ カギを持たずに、物件内覧が可能に! 「不動産管理専用」キーレスエントリーシステムを提供(PDF)

これまでは、スマートロックといえば、生活者目線で作られていましたが、通信手段を確保するのに、仕様によって同一のドアの鍵を7つしか作れない、などの制約がありました。
一般には、ひとつの家に鍵が7つあれば十分ですが、不動産管理会社からすると、不便だったのです。
複数の物件を複数の担当者で管理する不動産屋にとっては、利便性がなかったのです。
1物件あたりの担当件数の制限などがない状態で、スマートフォンとアプリさえあれば、ドアを開閉できるようになったのです。



ホテルの鍵がスマホで開く?

スマホで解錠できるホテル錠もあります。「スマートホテルキー」は、スマホでホテルの部屋の鍵が開きます。
Bluetoothで信号を送るので、部屋に近づくと解錠ができるようになります。

squere_SHK

従来のスマートロックと違い、ラッチ部分をロック
サムターンに取り付けたスマートロック本体を電動で回して開ける従来のスマートロックとは違い、本ホテルキーはラッチ部分がロックされます。
取り付けの際も大がかりな工事をせずとも交換ができます。 従来通りカードキーでも解錠ができます。また、緊急時や消防法対策として物理キーやエマージェンシーキーでの解錠も可能です。



ロッカーの鍵もスマホで解錠!

宅配ボックスがマンションに設置されている場合は不在受取もしやすいですが、必ずしもそういった設備がないお宅もあります。配送業者に再配達を手配し、配達時間帯には家で待機していなくてはなりませんでした。
最近では再配達の指定がコンビニなどの店舗でも可能になってきました。しかし、もっと「受け取りたい時に受け取りたい場所で受け取れる」のがスマホアプリで鍵が開く「スマート宅配ボックス」です。

smart_box

マンションやオフィス、さらには、駅や空港といった公共施設に設置し、自分の好きなときに受け取れる。再配達のコストを削減することができ、新しい宅配の時代を作ることができる製品です。



スマートピックアップ、羽田で稼動中!

スマート宅配ボックスの技術を応用して開発されたのが「スマートピックアップ」。羽田空港の国際線ターミナルにあるグローバルWi-Fiの受取カウンターで稼動中です。

スマートピックアップは無人受取ロッカーで、グローバルWi-Fiの予約時に発行されたQRコードをかざすと対応のロッカーが開く仕組みになっています。

smapi

まとめ

いかがでしたか?様々な鍵と、その活用法をご紹介しました。
鍵にインターネットが繋がると、時間的な制限や人的コストの削減など、とても便利になるのが特徴です。
キーレスになると物理的な鍵を持ち歩かなくて済み、鍵の紛失も防げます。セキュリティ面でも効果が見込めるのです。

関連記事

訪日外国人客が集まる街へ インバウンド地方創生プロジェクト
企業の価値向上につながる実践的なデジタルマーケティング情報を配信 デジmag.
お願いごとを通知するブロック型デバイス「デジベル」
エスキュービズムニュースレター!
IoT用語辞典
お役立ち資料
無料ダウンロード
ページ上部へ戻る

運営者

  • 株式会社エスキュービズム
  • 〒105-0011 東京都港区芝公園2-4-1芝パークビル A館 4階
  • TEL : 03-6430-6730(代表)
  • HP:https://s-cubism.jp/